おすすめ ミニバン 比較

家族のためのミニバン ステップワゴン

おすすめ,ミニバン,比較

ステップワゴンはまさしく家族のためにあるミニバンそのもので、それ以外の使い方があまり考え付かないくらい、家族運搬用の車として使うのにはぴったりの車です。
そう言える一番の要因としてあるのが、中型ミニバンとしては非常に広いキャビンです。

広いキャビンを求めるのであれば大型ミニバンがよいかと思われますが、大型ミニバンは、確かに寸法的には広いのですが、そこにいろいろな快適装備がどっさりつけられているため、実際に使う空間としては中型ミニバンとさほど変わらないのです。
ステップワゴンは、もともと中型ミニバンの中でも広いキャビン容積を持っている車ですが、余計な装備を付けないことによって更にその空間を広く使えるように考えられているのです。
この辺がホンダの車らしい「余計なものはいらない」という考え方が大きく影響している部分だと思われます。

そうかといって、何もついていないわけではなく、ミニバンとして必要最低限の装備はしっかりとつけられているので、決して家族から不満が出ることはないでしょう。
小さな子供がいたとしてもこれだけ広々とした空間があるのであれば、不自由を感じることがありません。


最も売れたミニバン セレナ

おすすめ,ミニバン,比較

セレナは、激戦区といわれる中型ミニバンのみならず、全てのミニバンの中で一番販売台数が多い大人気車種ですが、その人気の秘密は、価格相応の車格を持っていることにあります。
ミニバンに求められるほとんどのファクターを無難にこなすことが一番魅力的なのでしょう。

その中のひとつと考えられる普段の使い勝手も非常に優秀で、お母さんの買い物車としても大活躍しています。
お母さんの買い物で一番大変なところは、スーパーマーケットの狭い駐車場に入れる時の運転と買ったもの積み下ろしですが、この点についてもかなり気を使って作られている車だと思います。

駐車場の出し入れは、大きくもなく小さくもないボディ寸法に車両感覚の掴みやすい形状が運転を楽にし、更には日産お得意のアラウンドビューモニターを使うことによって運転の苦手なお母さんでも安全に行うことができます。
荷物に関しても、セカンドシートのスライド量が大きくとられているので、わざわざリヤハッチを開けなくてもたいがいの荷物を気軽に積むことができるので安心です。
まさに生活のためにミニバンといってもよいかもしれません。


ランディとセレナの違い

おすすめ,ミニバン,比較

スズキのランディは、ご存じのとおり日産セレナのOEM車としてスズキから販売されている車で、とかくセレナと比較される車です。

基本的には全く同じ、若干エクステリアの装飾品が違うだけで、ほぼ同一車両としてみることができますが、あえてスズキからランディを購入したようにランディをランディらしく乗るにはどうしたらよいでしょう。

ランディは、セレナのすべてのグレードがあるわけではなく、標準モデルといわれる、ハイウェイスターやライダー以外のグレードのみが販売されています。
ハイウェイスターやライダーが若干スポーティーな印象が強いことから、標準モデルしかないランディでは、セレナ以上に家族のための車、ファミリーカーとして乗る必要があるでしょう。

お金をかけるのであれば、エアロパーツやアルミホイールではなく、子供に見せるためのAVシステムのグレードアップや快適な移動ができるような室内で使用する小物などに力を入れるべきです。
更に車を汚すことが多いので、安くてもいいですから簡単に外せて洗濯機で洗えるタイプのシートカバーを付けることをおすすめします。
キャビンの中に小さな子供の姿が見えるのがランディらしいといえるでしょう。


デリカD:5ならサードシートも広い

おすすめ,ミニバン,比較

デリカD:5は、三菱が発売するミニバンシリーズの頂点に立つ車です。

車格的には、大型ミニバンと中型ミニバンの両方のものを持つ中間的な存在で、2.4リッターガソリンエンジンから2リッターガソリンエンジン、そして話題の2.2リッターのクリーンディーゼルを搭載したモデルまであります。

この中でデリカD:5をミニバンとして乗るのに一番適しているのが、2.4リッターガソリンエンジンを搭載するモデルで、他社の3.5リッターエンジンの大型ミニバンと比べるとパワー的に見劣りしてしまいますが、それ以外は褐色なく扱えると思います。

デリカD:5の最大の定員は2+3+3の8人乗りとなっていますが、セカンドシートは形状的に3人並ぶのは厳しいとしても、サードシートに大人が3人並んで乗るのは全く問題ないので、7人乗りモデル同様に7人までの人間で乗るのが最適かと思われます。

特にボディの形状が角ばったものとなっているためにボディ後端までしっかりと高さが確保されており、サードシートの大人が座っても全く圧迫感を感じないのが良い点でしょう。
これならば人数の多い家族でも、仲間同士でどこかへ出かけるときでも十分に使えると思います。


トヨタの典型的なファミリー向け中型ミニバン

おすすめ,ミニバン,比較

ミニバンという車は、本国アメリカ的には多目的車ということになっており、そのような使い方をされているのですが、日本においては、新しい形のファミリーカーとして扱われています。

その代表となるのがノアの様な中型ミニバンといわれる車で、2000cc前後の排気量を持ったエンジンを搭載し、大型ミニバンに匹敵するほどの大きなボディに広いキャビン、装備はそれなりのものが付いていて、買いやすい価格設定がされているものです。

トヨタでは、この中型クラスのミニバンのラインナップが多く、ノアのほかにもいろいろな車が売られていますが、典型的なファミリー向け中型ミニバンといえるのが、ノアです。

ノアを購入する方のほとんどがお父さんとお母さん、子供が2人ないし3人程度というファミリーが多く、休みの日のレジャーや買い物などに大活躍しているそうです。
まさしくこのような乗り方が、ノアという車の正しい乗り方で、あくまでも主役はドライバーであるお父さん以外の家族であることには間違いはありません。
家族があって自分があるという信念のもとに暮らしているお父さんにはぴったりな車となりそうです。



ヴォクシーとノアの違い

おすすめ,ミニバン,比較

ヴォクシーは、トヨタの中型ミニバンの1台で、販売チャネル違いの兄弟車にノアがあります。この両車は販売する店舗が違うほかフロント周りのデザインなどがちょっと違うだけのもので、性能的なものは全く同じとなっています。

ですので、この車の性格はノアと同様の完全ファミリー対応の中型ミニバンということになります。
このような性格を持った車は、どう乗ればいいかというとはっきり言って、購入したままの状態で、必要となった時に普通に乗っていればいいのです。

下手に家族専用車だとか趣味専用車などと決めつけず、更にお父さんの意向で「土足厳禁」にしたり飾り立てたりするのはこの車の性格上、よろしくありません。
家族重視の車ですので、家族に対して制限をしてはいけないのです。

逆に禁煙車にしてほしいだとか、テレビが見にくいからサブモニターをつけてくれというお母さんや子供たちの要望には応えなければならないのがこの車を購入したお父さんの宿命となります。
自分を押し殺して家族のために尽くす車、これがヴォクシーやノアなどの中型ミニバンなのです。


優しいファミリーカー ビアンテ

おすすめ,ミニバン,比較

ビアンテはまさしくファミリーのために作られた車で、独身者が乗るような車ではありません。
ハイトスタイルのミニバンらしく、広くて開放感のあるキャビンは、定員通り座ってもあまり窮屈感を感じませんし、足元もヘッドクリアランスもかなりの余裕があります。

シートアレンジこそ、ミニバン定番となっているパターンしかできませんが、そもそもシートアレンジを変えることなどほとんどなく、たいがいの場合は普通の状態で乗ることが多いので、何ら問題はないでしょう。

この車ならば、たまに来るおじいちゃんやおばあちゃんを送り迎えする時でも、全然大丈夫ですし、そのままロングドライブに行っても全く問題はないでしょう。
ただ、それぞれのシートは平坦過ぎて、横Gがかかる例えば峠道などを走るときには体に力が入ってしまって疲れてしまいますので、その辺はお父さんが気を使って、優しい運転をすることによって防ぐことができるのではないでしょうか。

ちょっと変わったスタイルを持ってはいますが、この車こそ一番ファミリーにやさしいミニバンではないかと思われます。



このページの先頭へ戻る